代表的な審美歯科治療のひとつに、オールセラミッククラウン治療があります。
オールセラミックとは、自然な歯の色調を出すことができるセラミックだけを使用した人工歯で、オールセラミッククラウン治療は、きれいにしたい歯を少し削って人工の歯をかぶせることで歯を白くします。歯の色を明るくするだけでなく、歯並びや歯の形も整えることが出来ます。
また、金属の冠を装着している歯をセラミックに変えることで歯を白くすることもあります。


オールセラミッククラウン治療には保険が適応となるものと、保険適応外のものがあります。
保険適用の被せ物は、長期的に使用した場合に、変色や歯ぐきの黒ずみを引き起こしやすいというデメリットがあります。(ホワイトニング照射器)

一方、保険の適用とならないオールセラミッククラウンは、自然の歯と変わらない自然な美しさと明るい白さがあり、変色しにくいというメリットがありますが、8万?15万円と値段は高くなってしまいます。費用はかかりますが、透明感も一番自然に表現され、メリットの多い保険適用外のオールセラミッククラウン治療が近年では人気となっています。

また、歯をあまり削りたくない方は、ラミネートベニア治療という治療法もあります。これは、歯の表面だけを薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付けます。(ホワイトニング機器

どちらの治療も、顔全体のバランスを見ながら形や角度を決めていかなければならないので、歯科医師と歯科技工士の高い技術が要求される治療です。  

Posted by mariyoko233  at 17:57Comments(0)歯科の情報について
1.根尖孔の大小。根尖孔は狭まればほど狭まる正確性が大きい。普通な大人には電気的根管長測定器でテストできる方法だ。しかし、不完全の発達の根尖孔のラッパ口ような患者はその方法に適用しない。

2.根管内で乾燥な程度。根管は乾燥すればほど乾燥する正確性が大きい。根管の中で大量な血膿があれば、開放ドレナージまた薬をつける。乾燥してから測量している。

以上の2つの要素はお互いに影響している。1つの要素を保証すると、正確に測量できる。根尖孔が大きくても、完全に乾燥を保ったら、正確な結果がある。根尖孔は0.4ミリメートルを超えないなら、根管の中では血膿があっても、結果の正確性を保つ。老年患者はすべての歯髄手術をすると同時に、根管の長さを測量することができ、生きている歯髄が測量に影響しない。

一、操作の長さを測量する条件と時機
操作の長さを測量する時に、髄腔の準備が完成した。開髄孔と髄腔は根管口が直線な通路を保ち、小振りなニッケルチタンファイルK ファイルが無障害に根尖区域を達することができる。
小振りなニッケルチタンファイルK ファイル(8#10#15)は根管を探し疎通すると操作の長さを測量するベストな工具だ。

二、操作の長さに影響する要素
根尖のところは2~3ミリメートルのエナメル質と歯髄砕屑物を積んだため、根尖孔が詰ま、平台が形成し、根尖がズレし側に貫くなどが操作の長さに影響している。
根管準備の過程で、患者のすべての反応が重視を受けるはずだ。操作の長さの正確ではないと思って、早速に修正すべきだ。

三、歯間部分の参考点を選ぶ
操作の長さは0.5ミリメートルぐらい範囲を精確する。だから、歯冠部分の参考点は診療する時に不変を保つべきだ。確認やすい。咬合な歯を調整する前に、研磨すべきだ。充填体また薄い歯の頭を選択することほうがいい。

四、ストッパーの作用
ストッパーは拡大針の上にゴムの小さなブイである。主に操作の長さを表示するために用いられる。浮標の破裂口や標識は、ステンレス器具のあらかじめ曲がる方向を決定するのに役立つ。


出典: 根管長測定器の正確性を高めることはどうすればいい?  

Posted by mariyoko233  at 15:42Comments(0)歯科の情報について

2019年08月28日

子どもの矯正




近年やわらかい食べ物が増えたことにより、咬む回数が大幅に減ったことで顎が正しく育たないお子様が増えています。その結果歯がきれいに並ぶスペースが足りず、歯並びが乱れてしまうのです。(歯科矯正用製品

そこでお子様に対し、成長期の自然な成長しようとする力を利用して、顎の正しい成長を導く治療を行っています。「床(しょう)矯正」という取り外せる装置を使った治療によって顎を徐々に広げ、歯がきれいに並ぶスペースを確保する方法です。この治療によって、将来的に本格的な矯正治療を行うことになった場合にも、抜歯の確率を下げることができます。

床矯正
おもに乳歯と永久歯の混合歯列期に行う、入れ歯に似た取り外せる装置を、毎日就寝中など一定時間装着し、顎を徐々に広げていく治療法です。進行とともに、装置にあるネジを回して装置を調整します。取り外せるため、食事やブラッシングにも支障がありません。(歯科ラボ機器


  

Posted by mariyoko233  at 18:25Comments(0)歯列矯正
LED照射器は外来診療や口腔科などで使われ、光重合照射器で樹脂をが重合し、口腔科では歯を修復するのような作用を発揮する。LED照射器の優秀な重合効果はますます多くの医者に知られている。

LED照射器の光は冷光だが、冷光が何だか?
普通な光源は紫外光、赤外光、可視光線などが含まれる。紫外光が強いエネルギーがあり、赤外光が物体に吸収しやすいので、それは照射されるものの温度に高められる。だから、一般的に、紫外光と赤外光を除き、可視光線という光源はだけ冷光と呼ばれる。しかし、私の認識によって、光そのものはエネルギーだが、照射されるものの温度が高められる。そのゆえに、光重合照射器では、感光性樹脂に有効な光源(例えば430—480nm)が冷光呼ばれると思う。


LED照射器の光は冷光だか?
そうだ。そうでもないと言える。光重合照射器から使われるLEDはハロゲンランプより発熱量が小さく、光線がほとんどブルーライトだので、冷光と言える。しかし、ある光重合照射器はハイパワーなLEDを使い、一方で、光の強さが大きく、1000 mW/cm2を超える;他方で、光強さを得るために、デザインではできるだけ駆動電流が増加しなければならなく、1000—2000mAを達する。そうしたら、LEDの発熱量が大きく、スペクトルの範囲も広く、樹脂の温度も高めることになる。すなわち、このようなLED照射器は完全な冷光ではない。


LED照射器を買う時に、完全な冷光にはどのように判断しているか?
LED照射器には完全な冷光を追求することは必要があるかどうか、現在では、一層に研究するわけだ。光重合照射をする時に、樹脂の温度にはLED照射器がハロゲンランプ照射器より低いという要求すべきだ。買う時に、発光先を掌に強い光模式で照射し、掌の温度を通する判定するには熱すぎるならないほうがいい。もちろん、LED照射器の優秀な重合効果はますます多くの医者に知られている。


文章ソース  LED照射器について(1)  

Posted by mariyoko233  at 17:32Comments(0)歯科の情報について
歯ぎしり(ブラキシズム)とは、上下の歯が非機能的な接触を生じている状態を言います。寝ている時に起こる場合と、目覚めている時に起こる場合とにより、睡眠時ブラキシズムと覚醒時ブラキシズムとに分けられます。また、ブラキシズムは下顎の運動を伴うグラインディング(いわゆる歯ぎしり)とタッピング、一定の下顎位で行われるクレンチング(かみしめ)とに分類することができます。(超音波骨切削器

睡眠時ブラキシズムは基本的には中枢性の問題であり、睡眠関連疾患と考えられています。一方、日中クレンチングや覚醒時に生じる上下歯列接触癖 (tooth contacting habit: TCH) とも言われている覚醒時ブラキシズムは、様々な条件に伴って獲得された習癖であると考えられています(表1)。


表1 歯ぎしり(ブラキシズム)の分類
睡眠時ブラキシズム
覚醒時ブラキシズム
日中クレンチング(daytime clenching)
上下歯列接触癖(tooth contacting habit)(歯科用バー


  

Posted by mariyoko233  at 16:35Comments(0)歯科健康歯科の情報について
冷光ホワイトニングはなんですか?
現在は国内外では常用的なホワイトニングが漂白技術だ。
原理:ホワイトニング照射器で美白剤を照射して酸化還元を起こすという方式を通して、歯の表面の有機染色分子(濃い色)が小分子(薄い色)に分解されて、濃い色から薄い色に変色して、歯はホワイトニングになる。

ホワイトニングはどんな人に向いているのか?
外因性的な要素:日常生活の飲食では色素が付く食物:コーラ、お茶、醤油など要素に歯は染色される。
内因性的な要素:軽度と中度なテトラサイクリン、フッ素化歯、ほかの要素ので歯の変色を起こして、遺伝性なイエローブラック歯などがある。
加齢性変色:年齢の増加につれて、歯はだんだん磨損されるので、歯も黄ばむになる。(こんな場合は正常だ)

ホワイトニングはどんな人に向かないのか?
ホワイトニングをする前に医者はを患者に全面的に口腔検査をして、患者の歯がホワイトニングに向くかどうかを査定している。

一般的に、以下の人々がホワイトニングに向かない。
妊婦及び疾病が罹る人だが、例えば、息切れ、心臓病を持っている人;
セラミック製の歯また義歯をつけた人々には美白剤が人工材料に用いらない。
重度な歯周病の患者は歯茎が露出しているので、ホワイトニングできない。色差を形成する。
15歳以下の青少年及び異形成なエナメル質の人には虫歯や楔形欠損などの問題があれば、ホワイトニングをする前に充填しておく;
歯肉炎またほかの口腔疾病を持てれば、左に出かけてまず治療をする。


ホワイトニングの流れはどうですか?歯には損傷をしているか?
結論を出すことは正規な病院また正規な流れでホワイトニングなら歯に損傷ではない。ホワイトニングをする前に医者は患者の歯がワイトニングに向くかどうかを検査し査定している。問題がなければ、ホワイトニングを始める。歯石、煙斑があれば、まずスケーリングをして、研磨して、ホワイトニングの効果もよろよくになる。

ホワイトニングをした、歯は敏感になることがどうすればいい?
ホワイトニングをしたと、1~2日のの敏感期に入る。敏感の程度では人によって異なる、脱感作歯磨きを使って、冷熱の刺激を避けて、敏感期を終わったら正常になる。

ホワイトニングの時間が長くなることはどうするか?
使用の産品によって、ホワイトニングの効果は1~2年ぐらいが維持できる。永久ではない。維持の時間はどのように维持するかによって、濃い色の食物を食べる频度を减らし、後期に家庭ホワイトニングをすることは強固な効果を果たす。

文章ソース  ホワイトニングはどんな人に向いているのか?  

Posted by mariyoko233  at 15:25Comments(0)歯科健康
虫歯になり二次カリエスが起こると、抜歯を余儀なくされる可能性は高くなります。そうならないためにも、まずはご自分の歯を良く見ることが大切です。(虫歯診断装置

二次カリエスは詰め物や冠せ物のつなぎ目から進行していくため、よく見ることで、どこの歯に詰め物が入って、冠せ物が入っているのかがわかります。その点を把握しておくことで、注意深く歯を磨くことができます。前歯の白い詰め物や冠せ物の場合だと、少しわかりにくいかも知れませんが、冠せ物であれば、歯茎のキワや裏側を良く見てみればわかる場合が多いです。

詰め物は歯と歯の間の汚れや唾液を取ってみてみると良いです。よく見てもわからないくらいであれば、つなぎ目の段差や溝が少なく二次カリエスのリスクは低い状態と言えるでしょう。反対に、見るからに詰め物が入っているとわかるほどの段差があったり、形状が不適合な場合は歯垢が明らかに溜まりやすいので、歯科医院で再び研磨してもらうことをおすすめします。そもそも詰め物が入っている部分とは、過去に虫歯が出来てしまった部分であり、磨き残しが起こりやすい場所、また汚れが溜まりやすく虫歯になりやすい場所といえます。

その部分をご自分で把握し、観察することで、まだ虫歯になっていない歯を守ることができます。それは例えば片側の奥歯の溝が虫歯になっているとしたら、反対側も虫歯になる可能性が非常に高く、歯並びが凸凹重なっている部分が虫歯になったのであれば、同じように重なった部分も虫歯になる確率が他の歯に比べ高いためです。その点を把握し日頃のケアを心がけることで、今後虫歯になるリスクを下げられます。

その次に大切なことは、詰め物や冠せ物が取れたり、取れかけたりした場合は、出来るだけ早く処置をすることです。詰め物が取れかけた状態の内側が一番虫歯に発展しやすいです。特に詰め物や冠せ物を触るとカタカタ動いてしまう状態は一番ダメな状態と言えます。それは歯と詰め物の間に菌が繁殖しているのに、詰め物があるために菌が繁殖している内側を磨くことができないからです。

そうなれば確実に虫歯が進行します。完全に歯垢がとれていれば、ある程度は虫歯の進行をストップすることができるため、取れたり、取れかけたりした部分は、とにかく汚れが溜まらないように努めて磨きましょう。(歯面清掃用ハンドピース

また虫歯治療の最中に治療されている歯を舌で触らないように気を付けましょう。気になって舌で治療している歯を触ってしまうと、舌についている菌が治療している歯に入ってしまったり、接着剤をつける前であれば、唾液のせいで接着強度が格段に弱まります。接着強度が弱まるというのは半端にくっついてしまう状態になる可能性が高いので、二次カリエスを招く恐れがあります。

取れかけた詰め物や冠せ物の内側は菌の温床です。ご自分の治療したつなぎ目をよく見て、歯茎のキワにはみ出していたり、段差が大きい場合などが見受けられれば、速やかに歯科医院を受診することをオススメします。
  

Posted by mariyoko233  at 17:20Comments(0)歯科健康
1.カセット式高速高圧蒸気滅菌器は独特な排気原理と先進な生産技術があるので、消毒腔内の冷風の残存量は0.04%を超えない。その原理から、普通的な高圧蒸気消毒炉には消毒時間が長くて、滅菌をする効果が悪くて、消毒をする過程で機械に損害をすること完全にを変えることができる。

2.歯科用バーでは重複使用率が高い。だから、真空排気消毒箱を使ったら、消毒時間が長いから、一人一滅菌ハンドピースを保証し、大量にハンドピースと密封的な消毒袋を買うために、保存すること必要がある。でも、この費用及びハンドピースを補修する費用も高い。カセット式高速高圧蒸気滅菌器は目の前に国際的な消毒時間が最短の設備だ。非包裹機械を消毒する過程には6分と9分をかけるので、患者と患者のハンドピースを滅菌し、医院と課室に大量な資金を節約することができる。

3.カセット式の消毒の滅菌は機械に損なうことが少ない。特別に歯科用ハンドピースという複雑の構造の口腔機械にはその使用寿命から相対に延ばされる。その原理は以下のことだ。

(1)カセット式は滅菌器の消毒箱はカセット式滅菌器の独特なデサインだ。熱蒸気は特設な方式を通して、カセットに入る。そして、カセットの先端に渦巻きの蒸気霧を作らない。蒸気霧の広さがに従って、腔内の温度が100℃を達しない前に、大部分の空気は高温高圧で排気孔に沿って消毒箱から押し出された。ブーストの期間で、排気弁が間歇の時、速めに閉めて、部分蒸気と消毒箱で残った空気に排除させる。

設定する排気手順を終わった時に、滅菌を始める。そして、「時代」カセット式高圧蒸気滅菌器は消毒箱で98%の冷風が排除できる。効果では真空排気消毒炉よりほうがいい。普通的な消毒炉の熱量は均等でないことを避け、消毒中には機械の腔内で大量の空気が残ったことのような問題がある。そうすれば、消毒した機械は酸化される機会を減らす。

(2)速めに加熱したり冷却したり、明らかに高温で機械の暴露の時間が縮まれる。カセット式非包裹器械消毒手順は金属器械歯が135℃の温度で3.5分ぐらいをかけることを指す。消毒滅菌の全部な手順は6分しかかけない。

(3)消毒したり滅菌したりあとで、内蔵の空気ポンプは自動的に濾した乾燥な空気がカセット式消毒箱に入る。更に消毒箱の湿度が下げる。

(4)循環中で歯きれいな蒸留水を使用する。滅菌循環システムは蒸気が特定な冷却容器を排除したが、多くの小型高圧蒸気消毒炉は重複に蒸留水を使う。そうすれば、二度汚れられることを避ける。今はある病毒と細菌が高温で生存するので、重複な使用の冷却される液体は消毒される器械を損なう。

文章ソース カセット式高速高圧蒸気滅菌器は歯科用ハンドピースを消毒するベストな選択かどうか?  

Posted by mariyoko233  at 17:16Comments(0)歯科の情報について
矯正治療中に歯の根が吸収して短くなったり、顎の関節に症状が出てくることがあります。

矯正力を加えた場合の生体の反応は個々に異なるため、このようなことは非常に予想が難しいのです。

1:根吸収

根の先が少し吸収する場合があります。吸収具合は、個人差があります。もともと根が短い方は、特に注意が必要ですので、事前に説明いたします。(MORITA® デンタポートZX根管長測定機能付き根管拡大形成キット(OTR機能)

2:歯根の骨癒着(根管治療用チップ

歯根が骨癒着する場合があります。もしくは、元々癒着している場合があります。

3:歯肉退縮

歯ぐきが下がることがありますが、そのせいで歯がぬけたりすることはありません。

4:断髄(失活)

歯を動かすことで、神経が死ぬ場合があります。滅多にありませんが可能性はゼロではありません。

5:顎関節症

治療中に顎関節症でることがありますが、病気ではありません。咬合治療で治すという人もいますが、咬合治療ではなおりません。むしろ10ヶ月以内に勝手になおります。(セルフリミティングと言います)

6:ブラックトライアングル

成人矯正は必ずブラックトライアングルができます。
※ブラックトライアングルとは=「歯と歯の間の歯ぐきが少し下がってできる三角形の隙間」

矯正治療は人生をより豊にしてくれる素晴らしものです。しかし、「キレイになるよ」とか良いことばかり言って勧めようとは思いません。ちゃんとデメリットを知っていただいた上で、治療を選ばれることがベストと考えています。

「デメリットやリスク」よりも「メリット」が大きく上回る時、その方にとって、やって良かった思えるからです。


  

Posted by mariyoko233  at 17:29Comments(0)歯科健康
近年以來、公衆は口腔衛生と健康にますます重要になる。ゆえに、歯科の診療という需求もだんだん増してくる。歯科で医員の安全と健康を保証するために、交差な感染に控える措置を堅持に執行し、厳しく実行することは大変な重要だ。

歯科の医員たちは病毒から交差に感染されるハイリスク対象である。例えば、1999年公布される報告によると、発展途上国では、歯科プロフェッシュナルが診療中で感染率は6%ということだ。研究から表されて直接にまた間接に血液や唾液や煙霧や汚れられる機器や設備を触れることによって、微生物から感染されるかもしれない。アメリカの疾病管理センターは2003年のガイドラインを指すことは伝染性な疾病が以下の四つの方式を通して伝播する。すなわち、血液また体液、汚れの表面、細菌と煙霧体などを直接に触れる及び空気の中で微生物を吸入している。

歯科で、普通的な細菌病毒の伝播の方式は細菌や煙霧体や射出される液体を吸入する。今、業界はその潜在な危害に対する十分に認識して、公認を受けた。
 
微生物と病毒の変異性質が大きいから、宿主に影響して、感染しやすい個体を感染する。診療中で、歯科医員の面部と患者の胸部に射出した液体は感染されやすい。この区域も射出した液体の影響を受ける主要な区域だ。研究によると、診療している過程で、医員の面部の鼻と目頭は最も感染されやすいところだ。

跳ね返した液体は治している過程中で、歯科用タービンハンドピース歯科外科用超音波骨切削器スリーウェイシリンジのような診療ユニットを通して、直径100μmを超える液滴を出す。跳ね返した液体は固定な軌跡を通して、運動する。そして、軌跡のものは汚されやすい。煙霧体は微細な成分が含まれるから、空気中、長い時間で保留でき、空気と伝播できる。多くの歯科の煙霧体の直径は5μmを超えないので、肺に入って保存してきて、呼吸とほかの健康な問題を誘い出す。高濃度の煙霧体の作りは超音波スケーラーをして、高速設備で予備歯体と抜歯する歯科用ハンドピースで骨組織を研磨した。

これらの要因を考慮すると、DHCPは感染管理のガイドラインと制度を厳守する責任があります。歯科医院の空気汚染を減らし、管理を強化するためにいくつかの対策を取る必要がある。例えば、マウスウォッシュを使うこと、洗浄と多量の水またはこういう二つの方法が採用できる。以上の方式は超音波スケーラーで群集したエアゾルの単位の数量が減らすことができる。ゴム製ダムに対する普通に使うことは、治療領域が清潔と乾燥が保証でき、歯の修復が容易になり、唾液及び血液のしぶきを防止すること、ならびに患者の口と気道を保護することを確実する。


個人防護装備(PPE)を採用しておき、例えば、外科マスク(直径が3-5μmという成分に有効に防護でき、それぞれの患者が診療したまたエアゾルの環境では20ごとに、無エアゾルの環境では60ごとに変わる。)。防護眼鏡は目が感染されないことを防護する。または使い捨ての隔離服とグラブ、細菌に触れるエアゾルを減らすことができる。それは大変重要だ。

エアコンの定期に的なシステム維持は重視すべきだ。特に、夜間で診療所を閉める際に、良い通風はエアゾルの影響を弱めることができる。多診療チェアの診療所には違い期間でサンプリングによると、診療している時に、細菌付きエアゾルの濃度が高い。仕事をする前に、循環細菌付きエアゾルの濃度はもっと高くになって、通風と関係がある。濾過器また紫外放射ランプは残った細菌付きエアゾルが取り除くことができる。

多診療チェアの歯科診療所で、ドアと中間の診療台は跳ね返した液体に汚染される。だから、汚染されることを防ぐために、すべての洗浄した、使用しない設備と機器は密封なロッカーまた引き出しに保存すべきだ。ほかの交差感染を予防する措置は歯科ユニットにすべて滅菌をして、診療の前後で机の表面に消毒をして、歯科材料が技工室へ消毒をして、歯科水システムと設備に定期に維持している。それは細菌が潜伏する位置だ。毎日、仕事する前に、あらゆる歯科水システムは5から10分まで洗浄している。流水で洗浄し、残った宵越しの水は汚染されるかもしょれなくて、トランキングの内壁に細菌膜が出す。洗浄すれば細菌の数量を明らかに減らすことができる。

文章ソース 歯科の分野で感染を控えることが目の前に迫っている   

Posted by mariyoko233  at 17:22Comments(0)歯科健康