一般的には咽頭で散らばりやすい液体より、食塊の形成性のよいゼリー状の食物の方が誤嚥は少なくなります。より安全な食物形態から徐々に常食へ近づけ、量も少量から増やしていきます。


安全で食べやすい食物についてまとめますと
温度:冷たいか熱いかはっきりした温度
味:はっきりしたもの(やや濃いめの味付け)
性状:食塊としてまとまりやすく、硬すぎず、変形しやすい(硬くてバサバサは不適当)
均一性:硬さや質感の違う物が混在していないもの
量:ティースプーンに一杯程度
安全で食べやすい食事の例
固形物:ゼリー、まぐろのたたき、卵豆腐、茶碗蒸し(具のないもの)、ムース
液状:ピューレ状、ポタージュ状、マッシュ状(増粘剤で調整)
危険で食べにくい食事の例
ナッツ類、揚げ物、こんにゃく、みそ汁、生野菜、わかめなど
食物形態と量をアップする基準
安全で食べやすいものから徐々に常食へ近づけていき、回数と量を増やしていきます。


むせがなく飲み込みがスムーズ
食後の痰の増加や食後の嗄声がない
食事時間が30分以内
摂取量が1/2以上
食事前後のバイタルサインが安定し、疲労感がない
炎症反応がない(CRP、WBC、血沈など)

--------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用インプラント装置歯科用マイクロスコープなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 12:29Comments(0)
専門的には食べることを「摂食」といい、飲み込むことを「嚥下」という。

これらがうまくできなくなると、美味しい食事が楽しめないだけでなく、様々な病気や低栄養の原因にもなります。

高齢者の口腔のケアは摂食嚥下機能を保つ上で大切です。

食べ物を認識し、適切な量を口に運び、歯で噛み砕き、その食べ物を口の中から咽頭、更に食道から意へと送ります。

この一連の動作は普段無意識のうちに行っているが、実は体の中の様々な器官が協調して動くことで実現している。

特にしたの役割は重要で、口の中で食べ物を動かし、まとめ、のどのほうへ送るという働きをしている。

摂食・嚥下は次の5つの段階に分かれています。


①先行期

食品を視覚や嗅覚から認識し、食べやすい量やスピードをほぼ無意識に判断する。

②準備期

食品を咀嚼し唾液と混ぜ合わせ、飲み込みやすい形にまとめる。

まとめたものを「食塊」と言います。

③口腔期

口腔から咽頭へ主に舌の動きによって食べ物を送り込む

④咽頭期

咽頭から食道へ食べ物を送り込む、「ゴクン」と飲み込む段階に当たる。

このとき軟口蓋(気管を塞ぐ弁)が気道にふたをして食塊が気道に入らないようにします。

⑤食道期

食道から胃へ食べ物を送り込む

これら一連の流れのどこかあるいは複数に何らかの問題が生じ、スムーズにできなくなるのが摂食・嚥下障害です。

代表的なものは、飲み込んだものが食道に行かず気管に入ってしまう「誤嚥」があります。

若い時は気管に空気以外のものが入りそうになるとそれを排出しようとして、むせたり、痰として排出されたりするものだが、年をとってくると反応が鈍くなり誤嚥しても何の反応も起こさなくなってくる。

すると細菌などが肺に侵入してしまい肺炎を起こすことがある、これが「誤嚥性肺炎」です。

近年は誤嚥性肺炎で亡くなるケースが増えています。

この他摂食・嚥下機能の低下により引き起こされる影響としては、しっかり食べられないために起こる脱水や低栄養状態、口腔環境が悪化して口の中に細菌が増え様々な病気になるといったことがある。

摂食嚥下機能の低下を防ぐことは命を守ることに繋がります。

下記に書いてあるチェックリストで調べてみてください

□食べ物が飲み込みにくい

□徐々に体重が減ってきた


□拒食(水を飲みたがらないなど)、または食欲低下がある

□食事をするのに1時間以上かかる

□最近食事の好みが変わった

□食事中や食後によくむせたり咳が出たりする

□食後だけ声がガラガラになる

□痰が増えた

□最近肺炎になった、あるいは発熱を繰り返す

---------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用根管長測定器歯面清掃用ハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。
  

Posted by mariyoko233  at 12:15Comments(0)
みなさんのお子様は、常にお口がぽかんとあいていたりすることはありませんか?じつは、この状態は、早めに対策しておかないと、後々いろんなデメリットが発生します。今回は「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)をテーマに今回は記事を書かせていただきます。

まず「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態によって、以下のようなことが発生すると考えられます。

①寝ている時に呼吸をしていない時間が発生します。それによって眠りが浅くなり、集中力が低下します。
②鼻毛というフィルターがある鼻を通さず、お口の方から、直接空気を気管や肺に取り入れることで、身体の中の免疫や炎症が続いてしまい、アレルギー疾患になってしまいます。(アレルギー性鼻炎、扁桃肥大など)
③舌と唇がお互いに押しあうことで、歯の位置が定まっているので、「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)になると上や舌の歯が出っ歯になったり、無理にお口を閉じた時にあごの方にシワができるようになってしまいます。(上顎前突、下顎前突、舌突出癖、オトガイ緊張)
④お口の中が乾燥してしまい、唾液の機能が低下するおそれがあります。それによって虫歯が出来やすくなってしまいます(多数歯齲蝕)。

3~12歳の子供において「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の割合を調べると、年齢が上がるに従い、割合は増加傾向にあります。(3歳の20%、8歳の30%、12歳の40%に見られます。)

「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の子供に見られやすい特徴として、以下の12項目があります。3つ以上当てはまれば、「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の可能性が高く、6つ以上当てはまれば、重症化している可能性がありますので、是非チェックしてみてください。
①唇にしまりがない
②口をあけて寝る
③口がよく乾く
④上と下の唇の間から歯が見える
⑤1分以上口を閉じれない
⑥食事中にクチャクチャ音が出る
⑦寝ている時に鼻づまりになっている
⑧出っ歯
⑨口を閉じて食べられない
⑩日中、鼻づまりになっている
⑪朝、口臭がする
⑫昼、口臭がする

また「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態は、以下のような負のループに陥りやすいです。
①日常的に「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)

②出っ歯

③更にお口が閉まらなくなる

④口呼吸になりやすくなる

⑤さらに、日常的に「お口ぽかん」!!

特に、①と②は、指しゃぶりによって発生しやすいので、3歳以降の指しゃぶりには要注意です!

「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態は、自然な改善が期待しにくく、小児期にこの状態が定着してしまうと、その後の口腔機能の発達が停滞することとなってしまいます。そのため、可能な限り、早期に口腔機能発達不全の原因を明らかにし、原因を改善することでその後の正常な口腔機能の発達へと導くことが重要です。

また、口唇閉鎖力の増強と口唇閉鎖の習慣を早期に身に付ける必要があります。

-----------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用光重合照射器根管長測定器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 15:19Comments(0)
みなさんのお子様は、常にお口がぽかんとあいていたりすることはありませんか?じつは、この状態は、早めに対策しておかないと、後々いろんなデメリットが発生します。今回は「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)をテーマに今回は記事を書かせていただきます。

まず「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態によって、以下のようなことが発生すると考えられます。

①寝ている時に呼吸をしていない時間が発生します。それによって眠りが浅くなり、集中力が低下します。
②鼻毛というフィルターがある鼻を通さず、お口の方から、直接空気を気管や肺に取り入れることで、身体の中の免疫や炎症が続いてしまい、アレルギー疾患になってしまいます。(アレルギー性鼻炎、扁桃肥大など)
③舌と唇がお互いに押しあうことで、歯の位置が定まっているので、「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)になると上や舌の歯が出っ歯になったり、無理にお口を閉じた時にあごの方にシワができるようになってしまいます。(上顎前突、下顎前突、舌突出癖、オトガイ緊張)
④お口の中が乾燥してしまい、唾液の機能が低下するおそれがあります。それによって虫歯が出来やすくなってしまいます(多数歯齲蝕)。

3~12歳の子供において「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の割合を調べると、年齢が上がるに従い、割合は増加傾向にあります。(3歳の20%、8歳の30%、12歳の40%に見られます。)

「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の子供に見られやすい特徴として、以下の12項目があります。3つ以上当てはまれば、「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の可能性が高く、6つ以上当てはまれば、重症化している可能性がありますので、是非チェックしてみてください。
①唇にしまりがない
②口をあけて寝る
③口がよく乾く
④上と下の唇の間から歯が見える
⑤1分以上口を閉じれない
⑥食事中にクチャクチャ音が出る
⑦寝ている時に鼻づまりになっている
⑧出っ歯
⑨口を閉じて食べられない
⑩日中、鼻づまりになっている
⑪朝、口臭がする
⑫昼、口臭がする

また「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態は、以下のような負のループに陥りやすいです。
①日常的に「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)

②出っ歯

③更にお口が閉まらなくなる

④口呼吸になりやすくなる

⑤さらに、日常的に「お口ぽかん」!!

特に、①と②は、指しゃぶりによって発生しやすいので、3歳以降の指しゃぶりには要注意です!

「お口ぽかん」(口唇閉鎖不全)の状態は、自然な改善が期待しにくく、小児期にこの状態が定着してしまうと、その後の口腔機能の発達が停滞することとなってしまいます。そのため、可能な限り、早期に口腔機能発達不全の原因を明らかにし、原因を改善することでその後の正常な口腔機能の発達へと導くことが重要です。

また、口唇閉鎖力の増強と口唇閉鎖の習慣を早期に身に付ける必要があります。

-----------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用光重合照射器根管長測定器などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 15:17Comments(0)
「インプラトって本当に良い治療なの?」

患者様からよくいただく質問の1つです。

結論から申し上げますと、インプラント治療は良い治療です。

ただ、歯を失ってしまった部分を補うための治療法には、

インプラント治療の他に「入れ歯(義歯)」や「ブリッジ」という選択肢もあります。

さきがけ歯科では、歯を失ってしまった患者様へ



どの治療方法で進めていくか、事前カウンセリングのお時間を設け、

しっかりとご相談させていただいたうえで治療を開始しております。

先ほど「インプラント治療は良い治療」とお伝えしましたが、

良いところばかりではなく、メリット・デメリットがあります。

今回は、その「インプラント治療のメリット・デメリット」について、

そしてインプラント以外の治療方法である「入れ歯(義歯)」と「ブリッジ」のメリット・デメリットについてもご説明いたします。

インプラント治療のメリット

自分の歯と同じ感覚で食べ物を噛める。味や感触を感じ取ることができる。
部分治療の場合、周りの歯を傷つけない。
天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる。
顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる。

インプラント治療のデメリット

抜歯と同程度の手術が必要。
重度の糖尿病などの疾患がある場合、インプラント治療が困難な場合がある。
保険が適用されない自費治療である。

入れ歯(義歯)のメリット

一般的な治療法なので、簡単に治療を受けることができる。

入れ歯(義歯)のデメリット

嚙み心地が悪い場合がある。硬い食べ物は噛みにくい。
人によっては違和感がある。
発音に影響が出る場合がある。
見た目が悪くなる場合がある。


ブリッジのメリット

見た目が良い。

ブリッジのデメリット

ブリッジを固定するために、抜けた箇所の周囲の健康な歯を削る必要がある。
抜けた部分の骨が痩せていく場合がある。
発音に影響が出る場合がある。

----------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用ガッタパーチャカッター歯面清掃用ハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 11:49Comments(0)歯科の情報について
◆歯が茶色になる原因は・・・?

・こんにちは!越前市のあさざわ歯科医院、歯科衛生士のMTです。

鏡で自分の歯を観察してみると、「あれ?こんなに私の歯は黄色だったかな」

歯医者さんでクリーニングしてもらっているのに時間が経つとまた茶色の汚れがつくな~とか、

思うことはそれぞれあると思います。

歯が白いとそれだけで清潔感がありますよね!

今日は、『歯の着色』についてお話しますね!

◆歯が黄ばんでしまうのはなぜ?

・歯の表面についてしまうステイン。

『ステイン』とは着色汚れのことです。

毎日歯磨きをしていても、長い年月の間にステインが歯に付いて黄ばんだり、くすんだりしていきます。

歯が黄ばんだりする変色は次の外部要因と内部要因に分かれます。


◆外部的要因

◇飲食物

コーヒー、紅茶、お茶、赤ワイン、カレー、ソース、醤油、ケチャップなど。

お茶でいうと茶渋ですね。

毎日使うお湯呑みにだんだんと茶渋がついてしまうのと同じように歯にも茶渋がつきます。

色の濃い食べ物、飲み物は着色しやすいです。

◇タバコ

タバコのヤニ(タール)が歯にこびりつき、歯の色が茶色く、くすんできます。

定期クリーニングにいらっしゃる患者さまで電子タバコに変えた方はほとんど着色がなくなりました。

ヤニが付かなくなってとても喜んでおられます。

◆内部的要因

◇病気や薬の影響

マイコプラズマ肺炎などにかかった時に服用する抗生物質

『テトラサイクリン』を子供の時に服用したり、

妊娠初期に母親が用いると胎児の歯や骨の発育を阻害し、生えてくる歯も変色します。

◇神経のない歯

進行した虫歯により、歯の神経をとってしまうと歯に栄養がいかなくなり、徐々に黒っぽくなってしまいます。

◇加齢による歯の変色

歯の色は歯の表面を覆うエナメル質の内側にある象牙質の色に影響されます。

個人差はありますが、象牙質は黄色い色をしています。

加齢と共に、歯の表面のエナメル質が徐々にすり減って薄くなります。

内側の象牙質は次第に厚くなります。

「若い時はもっと歯が白かったのに歯が黄色くなってきたのよね~」と思っていらっしゃる方は上記が原因ですね!


◆歯が黄ばんだ際のお家で出来る対処法

・飲食やタバコによる着色が原因であれば、着色するものをなるべく控えること!ですが・・・。

ご自身でできることは

【コーヒーなどの色の強い飲み物を飲食した後は、なるべく早めに歯磨きする。歯磨きできない時はお水で口をゆすぐ。】

【水がない場合はガムを噛んで唾液 (つば) を出す。】

これだけでも着色の予防にはなります。

【着色を落とす歯磨き粉を使う】

ホワイトニング成分が配合された歯磨き粉を使えば、茶渋を落とすことも可能です。

----------------------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用根管長測定器歯科用エアーモーターセットなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。
  

Posted by mariyoko233  at 12:44Comments(0)歯科の情報について
毎日の丁寧な歯磨きや口腔ケアなしではどんな歯でも悪くなる!

痛む歯を治療したからといってその歯が一生健康は歯でいられるということはありません。治療したからといって歯磨きもせずに口腔環境の悪いままでいるとまたむし歯になってしまいます。これは治療後の歯だけではなく健康な歯でも同じです。

まずは大前提として知っておくべきことは健康な歯も治療した歯も毎日しっかりと丁寧な歯磨きを心がけ口腔ケアをしていく必要があるということです。この毎日の心がけが健康な状態を長続きさせる秘訣です。何もせずにずっと健康でいられる歯はないのです。


しかし、どれだけケアを行っていても歯は一生物ではありませんし、特に一度治療した歯がむし歯になり痛み出すということも良くあります。それでは一度詰めたり、被せたりの治療した歯はどれくらい持つのでしょう。

治療した歯は保険適応でも自費でも一生物ではないんです

保険適応の歯より自費治療の歯のほうが若干長持ちというところはあります。この長持ちというのは歯が壊れたりしないということではなく審美的(歯のきれいさ)な要素が多く、歯のもち自体は保険でも自費治療でも擦り減ったりかみ合わせがずれてきたりということはいずれ起こってきてしまうものです。

一般的に治療した歯の寿命は6年から10年程度ではないでしょうか。特に詰め物などは歯が擦り減ったことによって取れてしまうことが多々ありますよね。

治療した歯は基本的には再治療が必要となるということになります。しかし、歯も口腔環境も年々老化していき、治療数が多ければ多いほど歯も削られてしまいます。その結果抜歯が必要になるということさえあるので出来るだけ治療数を少なくすること、イコール治療した歯を長持ちさせる必要があるということになります。

治療した歯を長持ちさせるためには?

まずはむし歯と歯周病にならないように心がけます。むし歯や歯周病は歯石・歯垢・細菌によって引き起こされるのでこれらの口腔内環境をしっかりコントロールしむし歯や歯周病になりにくい口腔内環境を毎日のケアで作りましょう。

被せ物の治療箇所の場合は歯と被せ物の隙間をから細菌が感染し、炎症を起こしてむし歯や歯周病の原因となりますので、やさしくブラッシングし隙間に歯垢がたまらないように気をつけるようにしましょう。


まとめ
治療した歯は残念ですが、一生健康な状態であり続けることは出来ません。しかし、口腔内環境をよくすることで長持ちさせることは出来るのでしっかりとケアするようにしましょう。

また年を重ねるうちに口腔内もどんどん老化していき虫歯や歯周病になりやすくなっていきます。自分でしっかりと口腔ケアをしているつもりでもどうしてもケアしきれず磨き残しにより歯垢や歯石がたまってしまいますので、定期的に歯科医院で口腔ケアを行うことをおすすめいたします。

治療した歯をできるだけ長持ちさせるように努力して健康な歯をしっかりと保ちましょう!

-----------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯科用ストレートハンドピース口腔内カメラなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 11:22Comments(0)歯科の情報について
入れ歯を長く使っていただくために、そして残っている歯を長持ちさせるためには入れ歯を正しく扱うことが大切です。

以下の点に注意してください。

①入れ歯のつけ始めは話しづらいなどの違和感がありますが、次第に慣れていきます。慣れないうちは、硬い物を無理に食べずに、やわらかい物を少しずつゆっくりと咬むようにしてください。使っていくなかで、入れ歯が歯ぐきにあたって痛む場合はご連絡をください。入れ歯の調整をさせていただきます。


②部分入れ歯の方は、入れ歯を入れる時に咬んで入れないようにしてください。

咬んで入れると、金具が変形しやすく、歯に負担がかかりやすくなります。取り外すときは、残っている歯に力がかからないように、歯のてっぺんを押さえて金具を外すようにしてください。慣れるまでは、鏡をみながら位置を合わせて、着脱して下さい。

③毎食後、入れ歯を取り外し、ブラシでこすって洗ってください。ブラシは入れ歯用ブラシを使うと効率的に清掃できます。歯磨き粉をつける必要はありません。かえって入れ歯を傷つけてしまいます。

④寝る時は、入れ歯をはずして入れ歯専用の洗浄液か、水で洗ってから、水中に保管して下さい。歯ブラシでは取れない汚れやヌメリを洗浄剤で取り除きましょう。入れ歯は高温により変形することがあるので、60℃以上のお湯をかけたり、浸したりしないで下さい。


⑤入れ歯は乾燥すると変形してしまいます。また、入れ歯がずっと入ったままだと床ずれのようになり歯ぐきに痛みを感じることがあります。寝ている間は入れ歯を外して水中に保管し、歯ぐきを休めましょう。

⑥部分入れ歯の方は、残っている歯も丁寧に磨くようにしてください。特にバネがかかる歯は汚れやすいので、念入りにみがいて下さい。お口の中の歯がない部分はやわらかいブラシ、スポンジなどでやさしく清掃してください。

⑦定期的な検診を受けましょう。

歯ぐきは次第にやせていきますし、人工の歯もすり減ったりします。残っている歯や歯ぐきのためにも、定期的な検診と調整が必要です。

----------------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jpブラシレスマイクロモーター歯科用インプラント装置などを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 11:45Comments(0)
根の治療が終わった歯には、歯を補強し、かぶせ物と歯の根っこ(歯根)をつなぎ合わせる重要な役目の補強の支柱(土台)を入れていきます。

歯に大きな力が加わると、歯は微妙にしなって衝撃を吸収し、ダメージが抑えられる構造になっています。かぶせ物の治療は、それを支える歯根の健康があってはじめて成り立ちます。歯根を破折させないようにすることが、かぶせ物をより長く使い続けていただくためのポイントとなります。

神経を取った歯は血液循環を失うため、神経のある歯と比較すると弱くなっています。

どんなに質の良いかぶせ物を入れたとしても、土台が悪ければ意味がありません。しかも、土台は一度装着すると外すのが困難で、無理に外そうとすると歯が割れて抜歯になってしまうことがあります。


歯の土台の種類には、大きくわけて金属の芯棒を使うものとグラスファイバーの芯棒を使うものがあります。

<金属の芯棒の特徴>

①保険で適用される為、安価でできる

②歯より硬すぎるため、歯に力が加わるとクサビの役割をしてしまい、結果、歯根が折れてしまう可能性がある

③金属が溶出して歯ぐきが変色したり、歯根が変色してしまうことがある

④セラミックを使用した透明感のあるかぶせ物を入れると金属色が透けて審美性が損なわれる可能性がある


<グラスファイバーの芯棒の特徴>

①しっかりと歯を補強すると同時に歯に力が加わると、歯と同程度にしなって衝撃を吸収してくれるため歯根が折れにくい

②白いため、セラミックを使用した透明感のあるかぶせ物を入れる場合でも審美性が損なわれない

③金属アレルギーの心配がない

-------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jpバイブレーター歯科用5倍速ハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 11:06Comments(0)歯科の情報について
要介護になる原因は脳卒中が1位、認知症は2位です。

厚労省は国内の認知症患者が2025年に700万人を超えるという予想を発表しています。認知症は誰の身にも起こりうる国民病ともいえますが、現段階では認知症に対し,明らかな改善効果がみられていないのが現状です。


歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることはこれまでの研究で明らかになってきています。歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。

認知症の正体は「脳の炎症」。その炎症も「慢性の長く続く小さな炎症」の影響が多く、その代表例が「歯周病」です。認知症と歯周病の関係を解明するために、歯周病菌に感染させたマウスを使った実験が行われました。その実験では、歯周病にかかるとアルツハイマー型認知症の原因とされている物質が脳の中で増えて、沈着することがわかりました。

おいしく物を食べるためには、自分自身の歯を1本でも多く残して咀嚼力を維持することが不可欠です。しっかり噛むことが心身の状態に与える影響は非常に大きく、脳の活性化、老化・がんの予防、虫歯・歯周病予防、ストレスの解消などの効果が得られると言われています。

歯が多く残っている人ほど年間の医療費用が少ないというデータもあります。日本歯科医師協会が全国の40歳以上、約1万9,000人を対象に行った調査では、残存歯数が20本以上ある人は0~4本の人よりも年間の医科医療費が平均で17万5,900円も低いという結果が出ています。


歯周病や虫歯を予防し、高齢になっても歯を多く残していくためには、毎日のセルフケアも大事ですが、定期的な歯科検診が重要な役割を果たします。万一、歯を失うことになっても義歯やインプラントなどでしっかりと補う治療をすればお口の健康は保てます

お口の健康を保って、認知症予防や健康長寿につなげていきましょう!

-----------------------------------------------------------------------------------------------
dentaltools.jp歯面清掃用ハンドピース歯科用高速ハンドピースなどを販売している中国一流のオンラインサプライヤーです。お客様に迅速・効率のあるサービスを提供しております。  

Posted by mariyoko233  at 11:50Comments(0)