シフォンケーキに生クリームとバナナです

  

Posted by mariyoko233  at 12:10Comments(0)
糖尿病

血糖値をコントロールする「インスリン」という成分は、歯周病によって発生する炎症物質によって機能が低下させられてしまい、歯周病の悪化は糖尿病の症状の悪化につながると言われています。(手術用LED照明灯
また、逆に糖尿病の悪化は体内の免疫機能の低下を招くため、歯周病菌の活性を抑えることができなくなり、症状の悪化につながります。

骨粗しょう症

閉経後の女性は、ホルモンバランスの崩れにより骨粗しょう症の発症リスクが高まります。骨粗しょう症は骨をスカスカにしてしまう病気なので、口の中の骨も同じような状態になります。歯周病になると、さらに骨を溶かしてしまうことにつながるのです。

誤嚥性肺炎

食べ物や飲み物を飲み込むときに、食道ではなく、誤って気管から肺に入れてしまうことがあります。この際、歯周病菌を一緒に飲み込んでしまうことで、肺炎を発症させてしまう可能性があります。(歯科手術用LED照明灯)  

Posted by mariyoko233  at 14:17Comments(0)

2017年07月12日

サラダ

鮮やかな緑の野菜が盛られています

  

Posted by mariyoko233  at 12:39Comments(0)

2017年07月11日

便秘による口臭

便秘の場合、便が腸内に滞留してしまうと有毒なガスを発生させてしまいます。その有毒ガスが腸管から血管を通り、肺に達すると不快な臭いとして口腔内から発せられるようになります。その臭いは便臭に似た強烈なものであると表現されています。(歯科実習用模型

対策

便秘を治すには『食物繊維』を含んだ食べ物をきちんと摂取することが大事です。食物繊維は芋などの野菜や果物、海藻類に多く含まれているので、これらを上手に摂取してあげることを心掛けましょう。

ポイント

「最近、便秘気味だな」と思ったら、口臭対策のためにも便秘の改善に努めましょう。便秘を予防し腸内環境を健康に保つためには、排便をきちんとすることが大事です。そのためには、朝ごはんを必ず食べることを心掛け、腸内の健康サイクルを維持することが大切なポイントです。(遠心鋳造機)  

Posted by mariyoko233  at 15:13Comments(0)

2017年06月30日

うどん

この名前は私が勝手に心の中でつぶやいたものです
見た目も完璧ですが、食べてみたさらに言うこのナシの一品です

  

Posted by mariyoko233  at 15:47Comments(0)

2017年06月28日

知覚過敏の対処法

歯みがきを丁寧に行う

間違った歯みがきが知覚過敏の原因になることから、丁寧に歯みがきを行うことで症状を改善することができるでしょう。
ポイントは、力を入れてゴシゴシしないこと。(開口器
歯根は歯の頭に比べて柔らかいため、よりやさしく、小さな動きで丁寧にみがくようにしてください。
歯みがき粉は研磨剤の粒子が小さなもの、または無配合のものを選ぶようにしましょう。
ブラシはソフトタイプがおすすめです。

知覚過敏防止歯みがき剤を使う

歯ブラシの毛先が触れるだけでもしみてしまう場合は、知覚過敏の症状を抑える歯みがき剤を使うことをおすすめします。
歯根の表面にあいた象牙細管の穴をふさいで刺激が伝わりにくくなる成分を含んでいるため、1~2週間で症状が改善することもあるでしょう。
また、フッ素を利用して歯根の石灰化を促進する方法も効果的です。

マウスピースを装着して歯ぎしりを治す

知覚過敏の大きな原因となる歯ぎしり。
歯ぎしりを改善することで、知覚過敏の症状を抑えることが可能です。
しかし、歯ぎしりの原因には不安や疲れ、ストレスなどさまざまなものが考えられるため、すべてを解消するのは難しいことでしょう。
そこで、マウスピースを装着することで、歯ぎしりによるエナメル質の破壊を防ぐ方法があります。
長期間使用することで、歯ぎしり自体を治す効果も期待できるでしょう。(歯科用レーザー
噛(か)み合わせが原因で知覚過敏を起こしている場合は、歯を削って噛(か)み合わせを調整する治療を受けることをおすすめします。

  

Posted by mariyoko233  at 20:10Comments(0)歯科健康

2017年06月19日

ハチノスと野菜の炒め

庶民的な風貌に美味しさは潜む。この炒めには白酒を使っているそうで、香りが格段に良い。
臭みなく柔らかなハチノスにタマネギやピーマン(赤・緑)が加わり、塩コショウがきっちりで、味つけしっかり。


  

Posted by mariyoko233  at 12:39Comments(0)生活
歯ブラシだけでなく、デンタルフロスも使う

歯茎の腫れは細菌がついて汚れているから起きます。しっかりとブラッシングをして、歯や歯茎の汚れを落とすことで症状が改善することが多いです。

ただし、歯ブラシだけではどんなに丁寧に磨いても、歯と歯の間、歯茎に溜まった歯垢を取り除けません。(歯科ストレート

そこで、デンタルフロスを使うようにしましょう。糸巻タイプとホルダータイプがありますので、自分が使いやすい方を選んでください。

口呼吸の人は鼻呼吸を心がける

唾液には細菌から歯や歯茎を守るバリアの働きがあります。唾液が少ない人は虫歯や歯肉炎になりやすくなります。

口呼吸の人は口内の唾液が乾燥しやすいです。歯茎のバリアが剥がれてしまって、歯肉が無防備になるので細菌に感染しやすくなるのです。

間食を控え、食べたらすぐにケアする

唾液には口の中を浄化してくれる働きがありますが、食後に時間が経ってから働きます。1日に何度も食事をして間隔を空けなければ、歯垢が作られる時間が増えるので、歯肉は悪化します。必ず次の食事までに間を空けるよう心がけてください。

食後の30分以内は細菌が一番活発なので、すぐに歯を磨いて口内を清潔にしてあげることが大事です。どうしても歯を磨けない時や、間食でおやつやジュースを口に入れた時は、ティッシュで歯や歯茎を拭うようにしましょう。

タバコをやめる

タバコを吸うことで一番怖いのは、ニコチンが血管を収縮させて酸素不足にしてしまうことです。これによって、危険信号を告げる歯茎の赤い腫れが隠され、細菌と戦う免疫力が低下します。(歯科用ハンドピース

歯の赤い腫れが歯肉炎であった場合など、歯周病の進行に気付かないだけでなく、進行を促進させることになります。本人が自覚した時には、改善が難しい状況になっていることが多いのです。  

Posted by mariyoko233  at 08:45Comments(0)歯科健康

2017年06月06日

玉子焼

甘くて超ジューシーな玉子焼。美味しかったです!
かなり大人気なので、早めに行くことをおススメします。

  

Posted by mariyoko233  at 13:00Comments(0)生活
1.親が使っているおはし・スプーンを共有しない

子供の虫歯感染予防は、どうすれば良いのか悩んでいる親も多いでしょう。
最初の大切なポイントは、親が使っているおはし・スプーンを子供と共有しないことです。
最初にもお話したとおり、虫歯菌が感染する原因は、ほとんどが“親のだ液”になるでしょう。
昔は、硬い食べ物を親がかみ砕き、柔らかくしてから子供に与えることがほとんどでした。
しかし、この方法は、親のだ液を子供に与えてしまうのと同じことです。
そのため、親の菌が子供に移ってしまいます。(光重合器
虫歯菌に感染しないためには、親と子供、別々におはし・スプーンを用意してください。
そして、子供に食べ物を与えるときは、子供しか使わないおはし・スプーンで食べさせてあげましょう。面倒だと感じるでしょうが、おはしやスプーンを別々にすることはとても大切な感染予防になるのです。

2.砂糖が多く含まれているものを控える

子供が欲しがるお菓子や甘いジュースの中には、砂糖が多く含まれているものもあります。
低カロリーなら大丈夫ですが、あまりにも砂糖がたくさん入っているものを子供に与えてはいけません。
砂糖は、虫歯菌が進行するラクトバチラス菌がたくさん潜んでいます。
口の中にある菌が、より活発になってしまうので、できるだけ砂糖が多く含まれているものは与えないでください。
子供が欲しがるジュースやアメは、特に要注意です。(歯科用開口器
口の中にいる時間が長いので、より虫歯菌が増えてしまうでしょう。
1歳7か月~2歳7か月の間は、虫歯菌に感染しないように「食事」にも気をつけなければなりません。
子供に与えても大丈夫なものかどうか、必ず確認してくださいね。  

Posted by mariyoko233  at 14:47Comments(0)生活